年収に着目して選ぶ派遣からの独立

高い年収で仕事をしていきたいということを目指してSEになる人は多く、常勤で働くよりも派遣で働いた方が稼げると気づいて転職する人もいます。スキルを十分に持っていて引く手数多になれるSEであれば、仕事の入れ方によっては常勤よりも稼げるのは確かでしょう。仕事のスケジュールも立てやすいので掛け持ちをして稼ぐ人もいます。

しかし、さらに上を目指したいと考えて独立することも珍しくありません。派遣で働くよりも一つの仕事から得られる収入額は全体的に見ると独立した方が高くなる傾向があるのは確かです。特に経験や能力が高く評価されやすく、優秀なSEほどその違いが生まれやすいでしょう。

ただし、気をつけておいた方が良いのは、独立した方が年収は高くても生涯で手元に入る金額は少なくなる可能性もあるという点です。派遣で働いていると社会保険料については派遣会社が負担してくれて、仕事を辞めるときには退職金も得られるでしょう。独立してしまうとそのメリットは受けられなくなり、社会保険料も高くなってしまいがちです。その点も加味して生涯で手に入れられる金額を考えると独立した場合には派遣で働くよりも大きく稼がなければならないでしょう。

それができるほどに努力を続けていけるかを自問自答した上で独立を選ぶのが賢明です。ともすると派遣で働く方を選んだ方が年収は多少低くても、生涯で見ればより稼げているという結末になる可能性も否定できません。